チラシの裏

暇だったので始めてみた。適当にいろいろかく。

日記

日記を義務感により毎日続けるのは合理的な選択なのだろうか。

今まで続けてきたからこれからも続けるというのは埋没費用にとらわれているのではないか、という気持ちにはなるけど、今日は書きたいから書こう。嫌になったらすぐやめよう。今のは日記が途絶えた時の言い訳として使います。

 

12時過ぎに起床し13時より院試ゼミを行った。

段々問題を解く雰囲気が掴めてきた。しかし院試まで時間はなく、学部で勉強したことを体系的に理解して院試に挑むのはもはや不可能であろう。過去問を解きながら穴だらけの記憶を少しずつ埋めていくほかない。

 

滑り止めくらいは受けておいた方が良かったかもしれないなあ。

 

その後ゼミの予習をした。

初め1時間くらいはさっぱり分からず唸っていたが、定義の和訳し間違えが判明しそこからは、少し理解が進んだ。分からなかったことが少しでも分かると、かなり嬉しい。僕は数学科に来て良かったんだと思う。ほかの学科に入って、無事生きていけているさまを想像できない。